訪問介護 給付金 5万

2020/06/04 ブログ

皆さんこんにちは!川畑です。

 

5月27日に政府は閣議で、新型コロナウイルスの流行に対応するための今年度の第2次補正予算案を決定しました!

介護・福祉の現場を支えている職員に対し、全額国費で新たな給付金を出すことも盛り込んだとの事です。

 

対象は?

介護保険、障害福祉の全てのサービスが対象となる。職種にも制限はない。

現場で働く人ならケアマネジャー、看護職、リハ職、事務職など皆が一律で、正規職員でも非正規職員でも受け取れる。

 

金額は?

感染者が発生した、あるいは濃厚接触者に対応した介護・障害福祉事業所の職員に20万円を支給する。

感染者、濃厚接触者がいない事業所で働く職員には5万円を支払う予定です。

 

支給方法は?

具体的な支給方法はまだ調整中。

厚労省今のところ、交付金を渡す都道府県から事業所ごとに配る形を想定している。

個々の職員へ直接的に支払う形をとると、自治体にかかる負担がかなり重くなるという指摘がある。

取材に応じた担当者は、「職員ひとりひとりに必ず行き渡る仕組みにする」と説明した。

 

コロナの期間中一日でも働いてたら該当になるか?

などは曖昧なところはありますが貰えるのは嬉しいですね!

事業所ごとに配るのでネットでは搾取されてしまうとの

声がけっこう書いてました。

大変な時期に現場で働いてた方に貰える事を切に願いますblush